1. ホーム
  2. 特産品
  3. みなみ米

基本方針

JA秋田みなみ米の概要

寒風山と田園

日本海の清らかな風と男鹿半島の豊かな水源、豊潤な土壌に恵まれた利点を活かした米作りに取り組んでいます。土壌は砂質と粘質で構成され、それぞれの利点を活かした米作りをしています。また50カ所以上の栽培指標田データに基づき、低農薬で化学肥料も必要最小限に限った栽培に努めています。

JA秋田みなみ米のおいしい理由(わけ)

滝の頭

秋田の名水『滝の頭』等の清水を利用し、豊沃な秋田の大地で栽培される『JA秋田みなみ米』。

男鹿市・潟上市の風土と天候に合ったこの土地ならではの栽培法を取り入れ、甘みとコクがある一粒一粒が本当に美味しいお米をお届けしています。

トレーサビリティ(生産履歴管理)の実践

相次ぐ食品における偽装表示により、食品の生産履歴が把握できる流通管理が必要となっています。 米もその例外ではなく生産履歴記帳を実施し、その情報を開示することにより「秋田みなみ米」の安全安心に 対する信頼を確立し、選ばれる産地にならなければなりません。全農家から栽培履歴記帳を実施、提出していただき「食の安全管理」を実践します(全ての生産者が行い、 精度が高いほど消費者の信頼を深めるからです)。

安全・安心「JA秋田みなみ米」

種子更新100%実施

お米

JA秋田みなみでは、安全で安心なお米を皆様へ届けるため種子更新100%を基本とした栽培体系に取り組んでいます。

品種の特徴を具備し、混ざりの無い確かなお米であると言う証をもってみなさまへお届けしています。

土づくり運動で美味しいお米栽培の実現

フレコン散布

特色のある「JA秋田みなみ米」づくりを目指し、安定した品質と食味を兼ね備えた本当に美味しいお米づくりを推進しています。『お米づくりは、土づくりから』のキャッチフレーズを基に、JA秋田みなみ管内の土壌に適した土壌改良材を提案し、施用運動を展開しています。

高品質・良食味米向上への取り組み内容

米検査

@一等米比率100%を目指し、整粒歩合80%以上・ タンパク含有量6.2以下の良食味米の栽培。

A米選別機替網(1.9mm)の普及を推進し、高品質米調整。

B全生産者の食味測定の実施し、美味しいお米の提供。

無理のない健全な稲づくり バラツキのない高品質米づくりのため、統一した栽培基準の営農指導を実施しています。

CE・ライスセンター(RC)施設の効率利用

CE外観
(写真:天王カントリー)

収穫されたお米は、CE(カントリーエレベーター)やRC(ライスセンター)施設へ集荷され、高品質・良食味米へ調整し、安全・安心で美味しいお米をみなさまへお届けしています。

JA秋田みなみ米に関するお問合せは
  • 営農経済部 米穀施設課 TEL 0185-46-2311  秋田県男鹿市払戸字大堤160番地
  • メールでのお問い合わせはこちらから